薬剤師の働き先 公立病院

薬剤師の就職・転職先として人気が高いのが「公立病院」です。公立病院は、国や自治体が運営をしている病院であるため、地域医療を支える基幹病院として位置づけられます。

そのため、一般的な総合病院や調剤薬局、ドラックストアでは経験できない業務や医療に触れることが出来るというメリットがあります。また、収入面でも優遇される傾向が強いというのも見逃せないポイントです。

しかしながら、メリットが大きいだけに競争倍率は比較的高く、採用までの道のりも厳しいという一面もあります。さらに、公立病院は薬剤師の定着率も高く、常時募集がかけられることもないため、求人情報を集める時点で難しいというのが現状です。それに加え、公立病院の薬剤師採用試験では、面接だけでなく学科試験が課せられるという特徴もあります。

次に、公立病院で働く薬剤師の立ち位置についてご説明してみましょう。公立病院は国立病院と混同されがちですが、厳密にいうと異なるものです。この2つの病院の違いは、薬剤師の待遇にも如実に表れています。例えば、国立病院の薬剤師は「国立病院機構」によって採用され、就職後の給与は国家二種に準じて支給されます。

対して、公立病院の薬剤師は採用後、地方公務員扱いとなります。また、公立病院の薬剤師は、市役所職員などと違って「特別地方公務員」という待遇となり、給与や公休、手当などの面がしっかりと保証されているというメリットを持っています。

民間の病院や調剤薬局は、現在慢性的な人手不足が問題となっているだけに、休みやプライベートの時間の確保が難しいケースがほとんどです。それに対し、公立病院は公休や有休がとりやすく、手当や残業代も厳しく管理されているため、サービス残業なども発生しません。

このように公立病院で働くメリットは大きいため、就職・転職先として希望する薬剤師もかなり多くなっています。ただ、公立病院は数が限られ定着率も高いため、なかなか新しい求人が出ないという特徴があります。薬剤師として公立病院へ就職・転職したいと考える方は、地方自治体のホームページなどをこまめにチェックし、求人や試験に関する洋子などの情報を、日ごろからしっかりと収集しておくことをお勧めします。
富山県薬剤師会

このページの先頭へ