薬剤師の働き先 国立病院

薬剤師の就職・転職先として、公立病院と並び人気があるのが国立病院です。国立病院は「国立大学付属病院」と混同されがちですが、実はまったく別のもので「医療センター」「がんセンター」などの頭に、都道府県や自治体の名称がつくことの多い病院です。

国立病院は各都道府県に2・3か所に存在しており、厚生労働省管轄の独立行政法人「国立病院機構」によって運営されています。 国立病院勤務における最も大きな特徴の一つが、働く際に「国家公務員待遇」になる、ということにあります。そのため、国立病院機構による薬剤師採用試験においては、一般的な公務員試験同様、薬剤師免許以外に年齢制限などの条件・制限がかかることになっています。

また、採用までの道のりも「書類審査⇒面接⇒小論文」といったものとなり、その内容もかなり厳しいものとなっています。そのため、年齢制限や採用試験の内容の関係上、志願者の大半が新卒・第二新卒となっています。 国立病院の採用に関しては「関東ブロック」「近畿ブロック」といったように、全国をいくつかのブロックに分けて試験が行われることとなります。

つまり、特定の国立病院をピンポイントで選び応募することはできないという訳ですね。これらのブロックの中で薬剤師として採用が決まると、特定地域内で配属が決まり、数年ごとにその地域内で転勤があります。こういった部分は、民間病院や調剤薬局にはない特徴だと言えるでしょう。

国立病院の薬剤師が携わる業務は、調剤・服薬指導だけでなく、医薬品情報管理・NST・TDM・ICTなど多岐にわたります。そのため、薬学部で学んだ様々な知識やスキル、学問を余すことなく実践することが出来ます。このことも、国立病院が薬剤師から人気がある理由の一つだと言えるでしょう。

薬剤師として国立病院で働きたいと考える場合は、日ごろから国立病院機構のホームページをチェックしておくことが重要となります。さらに、薬剤師の就職・転職支援サービスを利用して、試験難易度を調べたり、面接対策などを行っておくと良いでしょう。

このページの先頭へ