薬学部卒業生の就職先と今後

薬学を学んだ人たちの現在の就職状況についてです。 2006年から大学の薬学部が6年生になったタイミングで 一時的に卒業生がいなかった時期がありました。 そこから薬剤師が不足し、その状況は今も変わっておらず、 求人は多くあると言えます。

薬学部を卒業した大学生で多い就職先は、

1位:薬局(約30%)
2位:診療所(15%)
3位:製薬会社(10%)

となっています。

大学の薬学部も定員数を増やして、 今後の薬剤師の増加を図っていますので、 これから薬学を学ぶ人も多い状況です。

一方でこれまでとは違う新しい動きが出てきています。 薬のインターネットでの販売が解禁される可能性が高い事と、 登録販売者制度です。 インターネットで薬が購入出来るようになると、 パソコンの画面上で情報を見て買う人が増え、 その分、薬局などに来店して薬剤師の話を 聞いて買う人が減ります。

また、登録販売者制度はすでに始まっていますが、 薬剤師の資格を持っていなくても、限定的ではありますが、 薬の販売を行う事が出来ます。 こちらも、薬剤師を置かずに販売出来る商品だけを扱う 店舗も増えると思われます。

こういった流れがある中で、薬剤師の役割も変化の時に来ています。 これまでの「薬剤としての資格を持っていれば安泰」 「調剤が出来ればよい」という考えはもう終わりに来ています。 そういった薬剤師の求人は徐々に少なくなっていくでしょう。 ただ、薬剤師が無くなるという訳ではなく、 薬剤師にも新しい資質が求められています。

これから日本は高齢化社会になっていきます。 薬や医療は今後より需要が高まってきます。 薬剤師も薬学だけでなく、医療の分野も 合わせた知識・経験が必要になっていきます。 薬剤師の活動の幅も広がり、薬だけでなく、 健康のエキスパート的としての役割に近くなっていくと思われます。

ですので、それに伴って今後の就職状況も変化していく 可能性も充分あります。 その変化に対応できるよう、今から今後を見据えて、 自分の進みたい方向を決め、これからの 仕事先を見つけてくださいね。

このページの先頭へ