しばらくブランクがある薬剤師が転職する場合の注意

以前薬剤師をしていて、結婚や出産・子育てで仕事から離れ一段落して復職したい人もいるでしょう。 その時に気になるのがブランクの問題だと思います。 そのブランクが数年になっている場合は、やはり心配の種です。 ここでは、しばらくブランクがある薬剤師が転職する場合の注意をご紹介しましょう。

薬剤師に限ったことではなく、年数が空いているブランクがあれば不利になってしまいがちです。 ブランクがある復職希望者は常に不安に苛まれているのです。 けれども薬剤師は「恵まれているほうだ」と思います。

なぜならば薬剤師資格は一生有効な国家資格である職業だからです。 また、ブランクがそれほど不利にならない業界でもあります。 女性薬剤師の場合は、結婚や子育てで職場から離れているケースは珍しくないです。 子どもの手がはなれたら復職する人が多いです。

女性の場合は、正社員でなくてもパート勤務でもかまわない人も多いです。 長期的に仕事ができる職場を目指す場合は少しハードルがあがるでしょう。 とりわけ製薬会社や大きな病院や薬局に転職したい場合はきちんとしたビジョンがなければ成功しません。

ポイントは、ブランクを不利に感じさせないことです。 ブランクが長くなればなるほど不利なイメージがつきます。 特に毎年のように新薬が販売される薬剤師業界です。 新しい技術やスキルが絶えずでてきます。

そういった情報に対して補う努力をする必要があります。 参考書を読んだ程度ではとてもじゃないですが実践では役に立ちません。 それなりの真剣な準備をしなければならないでしょう。

一昔とは違うのです。 薬剤師を取り巻く環境は激しくかわっています。 新薬や新しい技術についての知識が不足していたら間違いなく取り残されるでしょう。

以上、しばらくブランクがある薬剤師が転職する場合の注意をご紹介しました。 近頃では、ブランクがある薬剤師を対象としたシステムやサービスが用意されています。 自分の環境と照らし合わせてみて効果的に活用することをおすすめします。

医学会・薬学会を中心にブランク薬剤師の転職支援プログラムが立ち上がっています。 人材紹介サービス企業もさまざまな支援策があります。 相談してみると良いでしょう。

このページの先頭へ