調剤薬局薬剤師の業務について

薬剤師パートの仕事というと、処方箋を見ながら行う調剤業務をイメージする方も多いかと思います。調剤というと、処方箋に基づいて錠剤を選んだり数えたりする業務、というイメージがありますが「薬を量ったり錠剤を数えたりすること=調剤」という訳ではありません。

調剤を端的に説明すると、「医師が記載した処方箋に問題がないか精査・確認したのち、その処方箋通りに薬を調整する」といった、一連の流れになります。 調剤を語るうえで欠かせない処方箋は、医師が患者の病気治療のために作成した、薬の調合・服用法に関する指示書を指します。

処方箋に記載する事項は法律で定められており「患者氏名・年齢・薬名・分量・用法・発行日・医師の署名捺印」などとなっています。また、処方箋には「外来処方箋」「注射処方箋」「入院処方箋」「麻酔処方箋」などがありますが、一般的に患者が手にする可能性があるのは「外来処方箋」となります。

調剤は、薬剤師の資格を持つ者だけに許可された占有業務です。しかしながら、薬剤師が自己の判断で患者の病状に合った薬を調剤したり、医師の処方箋の内容を改竄することは認められていません。薬剤師は、薬事法によって処方箋に基づいた調剤を行うことが義務付けられているのです。

また、調剤に関するミスは決して許されることではないため、正確さと慎重さが要求されます。そのため、調剤に関してはダブルチェック(鑑査)など、ミスを防止するための工夫がなされています。これを踏まえ、薬局における調剤業務は以下のような流れで行われるのが一般的です。

1.処方鑑査(処方箋のチェック)
処方箋の記載事項を精査し、患者の薬歴や相互作用・副作用について確認する

2.薬袋の作成
薬袋へ法律で定められた記載事項(患者氏名、用法、用量、調剤薬剤師の氏名、調剤年月日、薬局の名称・所在)を記入し、服用法・保管法などの注意事項を記載する

3.調剤
処方箋の記載内容に従って調剤し、症状によって剤型(粉薬や錠剤など)を変える

4.鑑査
実際に調剤を行った担当者とは別の薬剤師が、内容に間違い・ミスがないか
富山県薬剤師会

薬剤師が行う服薬指導の目的・役割は?

薬剤師の行う主業務のひとつに「服薬指導」があります。服薬指導とは、医師の処方箋どおりに調剤した薬を患者さんへ手渡す際に、薬剤師が行う対面説明・指導を指します。 ただ出来上がった薬を患者さんに渡すだけでは、薬の安全性・有効性を確保することはできません。

薬の内容、それぞれの服用時間・回数、保管法や副作用、飲み合わせといった注意事項まで、詳細を患者さんに伝えることで始めて、投薬の意味をなし、症状改善を目指すことができます。 ここで改めて、薬剤師が行う服薬指導の目的と、その内容や役割を確認しておきましょう。

服薬指導を行う目的には「薬の安全性確保」「薬効の確保」が挙げられます。症状を改善するための薬ですが、副作用によって別の症状を引き起こしてしまっては困ります。 大なり小なり必ず存在する薬の「副作用」について、患者さんに説明・注意喚起を行ってリスクを最小限にすることで「薬の安全性確保」につなげます。

さらに、医薬品の正しい服用方法、用量・回数を患者さんに伝え、守ってもらうことにより、始めて「薬効の確保」が可能になります。 この服薬指導における2つの目的を果たすため、薬剤師は、服薬指導時に下記のような項目を説明・指導する必要があります。

・医薬品名
・医薬品がもたらす効果・効能、副作用
・医薬品の用法・用量
・医薬品の保存方法、保管上の注意、使用期限など
・飲み忘れや使用を中断した際の対応について
・他の医薬品との飲み合わせの注意
・調剤薬とともに一般用医薬品を用いる際の注意
・既往症・アレルギー反応の有無の確認、必要な指導
・服薬時の尿・便の変化について

このような説明・指導をただ機械的に行っても、医薬品のプロでない患者さんにはなかなか理解が難しいものです。できるだけ分かりやすく、正確に情報を伝えるためには、薬剤師自身の指導スキルとともに、コミュニケーション能力も必要となります。

社会的背景としても道徳的問題としても、医療従事者によるIC=インフォームドコンセントを重視することが大切であり、薬剤師が果たすべき責任と言えます。 薬剤師は、服薬指導が持つ意味をしっかり理解し、スキル向上のために、常に専門知識の習得に努め、患者さんとのコミュニケーション能力を磨いていくべきなのです。

このような努力は患者さんの健康状態の改善・維持に役立つだけでなく、薬剤師自身のスキル・キャリアアップ、そして仕事のやりがいや充実感にもつながっていきます。

「認定薬剤師」「専門薬剤師」を目指すなら

様々な分野で進む「専門化」は、薬学の分野でも見られます。特定の医療分野についての薬学知識・スキル・経験を積んだ薬剤師が求められているのです。 専門的スキルを認めるものとして「認定薬剤師」「専門薬剤師」の資格があります。それぞれの特徴をまとめ、比較してみましょう。

「がん薬物療法認定薬剤師」「感染制御認定薬剤師」「研修認定薬剤師」などがある「認定薬剤師」とは、2004年に設けられた制度で、規定の研修実績に基づき、各学会・団体・大学などが認定するものです。 資格により異なりますが、所定の研修を受けながら、各専門症例の実績を積み、認定試験に合格する必要があります。

この認定薬剤師の資格を得て初めて挑戦できるのが、「専門薬剤師」の資格です。この点から、専門薬剤師の方がより上位資格であると見ることができます。「がん専門薬剤師」「妊婦・授乳婦専門薬剤師」「感染制御専門薬剤師」などがあります。

知識を得ているだけでなく、医師・看護師と連携し、より医療に踏み込んだサポートが可能な薬剤師である、と認められた証であり、合格のためには、専門学会に所属して論文の発表を行い、試験に合格するなどの条件があります。

専門薬剤師資格の有効期限は5年であり、5年毎に更新認定を受ける必要があります。資格取得後も、常に新しい知識を身に付け、スキルを研鑽しなければなりません。 学生のように勉強だけすればいいというものではなく、実務経験も必要なため、働きながら資格取得を目指さなければなりません。

仕事、試験勉強に加え、研修受講、学会出席、論文準備・発表が必要となり、現実にこれらを両立させるには、資格取得に理解のある「職場環境」がなければ難しいでしょう。具体的には、「キャリアアップ支援制度」が設けられ、活用される職場です。

現状の職場に環境がない場合には、転職を検討しますが、そのツールとしてぜひ活用したいのが、薬剤師専門の転職支援サイトです。 無料で登録可能で、条件の良い非公開求人を豊富に扱っています。キャリアアップ支援制度のある職場に絞って、求人を探してみましょう。

専任のコンサルタントに色々と相談することもできます。例えば支援制度が実際に活用されている職場かどうか、といった踏み込んだ情報を得ることも可能で、キャリアプランの相談や、条件交渉の代行依頼も可能です。

認定薬剤師・専門薬剤師としての転職経験者の事例といった情報も掲載されているので、より具体的なキャリアイメージに役立ちますよ。 もちろん、資格を取得後の転職でも、効率的な活動にこの支援サイトは最適です。夢の実現に向けて、より自分に合ったサイトを見つけ活用してみてください。

このページの先頭へ